killing insect

道具について

killing insect

蜂の巣を駆除する際には道具が必須です。
蜂の巣駆除といってもいくつかの段階があり、まず最初のステップとしては巣の周辺を飛んでいる蜂を眠らせる事です。
これはスプレーを散布して眠らせる事がおすすめですが、ノズルの噴射力によっては届かなかったり、時間がかかったりしますので専用のものを使いましょう。

次に巣の中で活動している蜂をやはり眠らせる事が必要です。
これもスプレーの散布によって行いますが、蜂の巣に直接吹きかけるカタチになりますので中から飛来してくる蜂に注意が必要です。
種類によっては防護服を着る事をおすすめします。

最後は蜂の巣本体を切断して取り除くか、焼却して駆除するかになると思います。
後者は携帯型のガスバーナーが必要になり、またその機能性から見ても業務用の特殊なものになるので切断して取り除く事をおすすめします。

切断する際にはハサミと受け皿となるネットが一体になっているものが良いでしょう。
これは高枝切りバサミの用に一定の長さ伸びるタイプもありますので、用意するときにはどの程度まで届くのかを確認するようにしましょう。

蜂の巣まで駆除できたら最後はそれまで巣の近くにいなかった蜂が戻ってきた際の対策です。
これは放置しておけば次第に数は減りますが、どうしても気になる場合はスプレーで殺虫するか、トリモチなどで捕まえてしまうのも手です。